東京国際ミネラル秋のフェア2018

まごっち変わったものに興味を持つことが多くて、くらげだったり毒きのこだったり最近は鉱物に興味しんしんで、お誕生日プレゼントは鉱物が欲しいと娘に言ったようで、新宿で鉱物展があるというのを聞き私も一緒に雨の中出かけて来ました。

画像


鉱物展なんてマニアックなイベントにまさか幼稚園生なんていないでしょうし、もしかして来場者もそんなにいない?と思いつつ行ってびっくり!!

入場開始時間を1時間以上過ぎての到着なので入り口付近には人はいませんでしたが、おそらく開始前は並ぶんだろうな~と予想されるロープやら立て看板などが横に準備されていました。

チケットを購入して中に入ったのですが、さほど広くない会場にびっちりとショップが並んでいて、来場者もた~くさん来ていてまさにディズニーランドのお土産売り場状態でした。

大人ばかりだけじゃなく結構小さな子供も来ていて、売り場の係の人たちはみなさん小さい子供にも親切でわかりやすく石の説明をしてくれました。

段ボールみたいな簡単な容器の中に気軽に並べられているのですぐ手にとれるのですが、金額の価値がわからないまごっち「これ欲しい~」と手に取った鉱石についていた値札を見た娘が「まずは手に取る前にじっくり見ようね」と慌てて箱に戻してました。

あとで金額を聞いたら20万円だったらしいです…。

グルグルと会場内を散策し2000円で買える鉱石とガチャを1回ゲットしたまごっち

もう予算は使い果たしてしまいだけどどうしてもあきらめきれなかった鉱石があって「欲しいな~」とじっと見つめていたら外国のショップの人が気がついたようで、目の前で1粒の鉱石を袋に入れて「どうぞ(笑顔)」と日本語でまごっちに手渡してくれたそうです。

私は妹っちを追いかけていてそのシーンは見ていなかったのですが、その日一番の笑顔だったと娘が言ってました。

帰りの電車の中でリュックから鉱石を取り出し「きれいだね~」とずっと見て満足そうでした。

本当に楽しかったようで仕事から帰ってきた相方君にもその感激をお風呂に入りながら熱く語っていたようです。

今度は池袋であるようなので、また一緒に行こうねとお誘いを受けちゃいました。

そう言えば昔主のご両親が旅行へ行って象牙やら水晶やらなど珍しい鉱物を娘と息子に買ってきてくれて、日本で買うととても高いんだよと言っていたけれど、小学生の子供にはまったく興味がなかったようでマジックやクレヨンで落書きをしたりそれはそれは雑に扱っていました。

汚くなっちゃったので私も気軽に捨ててしまいましたが、鉱物展を見て価値がわからない人にあげるには高すぎるプレゼントだったな…と今さら後悔です。

唯一残っていたのがこの2点ですがどこでも気軽に買えるのだから、これは価値ないけれどまごっち喜んで持っていきましたよ。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0