原題「幽霊(ユリョン)」 日本タイトル「ファントム」 先行試写会

本日「ファントム」の先行試写会に練馬文化センターへ行って来ました~!

12時開場なのですが11時にはがきに打たれているナンバリング順に並ぶというので、練馬文化センターはご近所ですが11時少し前に到着するよう家を出発しました。

昨日とはうって変わってのじりじりと太陽が照りつける日で、センターに到着する頃には汗だく状態でした。

練馬文化センターのロビーって大して広くないのに一気に1000人も集まって大丈夫なの??と思いつつ中へ入ると既にたくさんの人でごった返していて、300番台は2階のロビーに並ばされそれ以外の人500番台はロビーの少し涼しい中で待機だったけれど、それ以外の人はなんとロビーからも出され暑いスペースでの待機となりました。

それでも順々に処理していってくれるのだったら仕方ないと我慢も出来ますが、結局12時のチケット配布までだらだらとそこらへんで待機するだけという扱いでした!!

だったら遅い番号の人の集合時間を12時にしてくれれば無駄に1時間も立って待っていなくてもすんだのにな~。

1000人という大人数なので無理だとは思うけれど衛星劇場の公開収録は椅子を出してくれたところもあるので、この差はちょっとひどいかも…。

12時になり順番にチケット配布が始まり入場開始です。

練馬文化センターにはいろいろな行事で何度も来ているのですが、昔KNTVのイベントで来た事があるような記憶がふとよみがえったのでイベントが終了し自宅へ帰って早速調べてみたら2006年にコン・ユ主演「ある素敵な日」とチョ・インソン主演「春の日」の先行試写会に参加していました。

そういえばその時好きなほうのドラマのOSTを全員にプレゼントされた事も思い出しました。

当時も同じくらいの人数だったはずなのに、あの時はこんなにとっちらかった感じはしなかったのに何がちがうのかな??

私の席は1階の真ん中あたりで結構見やすい席でした。

ただ…。

撮影に影響するからなのか後ろの席がずら~っと空いていて、残念ながら外れてしまったというファンが暑い中ホールの外でソ・ジソブssiの出待ちをしていたので座らせてあげたかったなって思ってしまいました。

イベントは最初に「ファントム」の大まかな内容と1話&2話のダイジェスト放送 次にいよいよお待ちかねソ・ジソブssiと監督の(お名前失念…。)お2人が登壇されました。

監督はちょっと前におもしろい~と思ってみていた「サイン」や「カインとアベル」など人気作品を担当された韓国では超有名な監督さんなんだそうです。

確かに「ファントム」も「サイン」っぽい感じがするし「魔王」は別の監督さんですが雰囲気が似ているように思います。

ドラマのソ・ジソブssiは笑顔の全く無いクールな役柄ですがトーク中はずっとにこやかな笑顔で、わかりやすい韓国語でしたので私にも少しだけ理解する事が出来ました

サイバー・サスペンスというジャンルのドラマですので、専門用語がたくさん出てきてそれがとても大変だったようです。

そういえばキム・ソナssiも市長役を演じるに当り言葉が難しくて大変だったってイベントで話していました。

役者さんは普通のセリフを憶えるだけじゃなく専門用語もすらすらと話せるようにならないといけないのがホント大変ですよね~。

私のイメージでは監督さんってなんとなく無口という感じだったのですが、見所などわかりやすくたくさん話してくれました。

ここはネタばれになりますので…。





  
画像

























工場の爆発シーンがドラマの最初の方に出てくるのですが、最適な場所が見つからずスタッフさんたちが苦労してセットを準備したのだそうですよ。

スタッフさんたちは防護服などを着用して現場にいたのですが、役者さんはそれができないのでだんだん顔の色が黒くすすけてきているそうでそれを見てくださいと言ってました。

まったくラブ色のないドラマに仕上がったそうですが、こういうがっんと男らしいドラマにはちゃらちゃらしたラブは不要だと私は思っているのでそれは大歓迎!です。

本放送は11月3日からですので絶対に見たいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス