CARAMELBOX YOUTH「橋を渡ったら泣け」

今月2回目のキャラメルボックスのお芝居を見てきました。
今回のお芝居は「次世代を担う演劇人育成公演」と表題がつけられていて、キャラメルのどちらかと言えば新人さんに近い人たちのお芝居でした。

「橋を渡ったら泣け」はずいぶん前にスカパーで見ていたのでお話の内容はわかっていましたが、演出がスカパーの方は生瀬勝久さんでしたしキャラメルは大内厚雄さんですからきっと雰囲気もずいぶん違うんだろうな~と楽しみにしていました。

劇場は前回見た場所よりもかなり狭くて、でも椅子が普通の椅子だったのでお尻が痛くなる事はありませんでした。

同じ原作を使っているのですから演じるキャラクターが同じなのは当然だし、仕方がないと思うのですが、どうもキャラメルの俳優さんの後ろに八嶋さんが見えたり、戸田恵子さんが見えてしまい、台詞回しも似てしまい最後までお芝居に集中する事が出来ませんでした。

小多田直樹さんが演じた栗田守ですが、線が細かったしもっともっといやらしくて横柄な感じにした方がよかったんじゃないかなと思いました。
六角精児さんが演じた栗田はほんとうに嫌な奴でしたが、きっとみんなにそう思われることが役者としては本望だったのではないでしょうか。

これから頑張って大きく成長していくみなさんなのですから、温かい目で見守りつつ応援していきますね。

岡内さんはさすがに普段のお芝居でヒロインを演じているだけあって、とても上手でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック