久しぶりのトークショー

第19回東京国際映画祭協賛メディアセレクションのイベントとして開催されたスペシャルトークイベント「映画へのLove Letter」を見に行ってきました。
トークショーは眠くなっちゃうのであまり行くことがなくて、少し前に行った渡辺謙さんと糸井重里さんのトークショー以来ですが、今回は大好きな堤幸彦監督×行定勲監督×広末涼子さんがゲストと言うことだったので、張り切って応募しちゃいました~!

当日はあいにくの雨と夕方から風も強くなり(何故か私が都会に出る日は悪天候になる事が多いような気がする。サンプリングの時もそうだったし・・・。普段の行いがよっぽど悪いのかな)
一緒に行く予定だった娘は風邪でダウンし、ひとり寂しく出かけてきました。

昼間は何度も行っている六本木ヒルズですが、暗くなってから行くことがなくいつも通っているはずなのに、異空間に迷い込んだような感覚に陥ってしまいました。
あそこってデザインの関係で案内板とかものすごく不親切に作られているんですよね。

チケット交換とトークショーの開始まで1時間あったので、ショッピングをしようかと思ったのですが、方向音痴の私は迷いそうだったのでじっと映画館のロビーで座っていました。
ふとつい先日見たニュースで東京タワーが普段と違うというのを思い出し、あわてて外へ見に行ってきました。
確かにタワーのまん中にカラフルな数字が表示されていましたが、あれはどんな意味だったっけ?と最後まで思い出せませんでした。

今日のイベントは撮影禁止なのでデジカメをもっていなくて、携帯で写メしましたが残念ながらきれいには撮れませんでした・・・。

楽しみに待っていたイベントが開始されたのですが、普段監督のお話を聞く機会なんて滅多にないと思うので凄く楽しかったし、もちろんそれぞれの監督の撮影のこだわりなどあると思うのですが、両監督ともお互いのこだわりを尊重し尊敬している感じがよく伝わって感動しました。

今まで女優さんのコメントは何人か直接試写会などで見ていますが、広末さんは自分の言葉でしっかり発言し、急にふられても「え~!私ですか!」と言いながらも、きちんとしたコメントを言ってました。
とても頭の良い女優さんなんだなと今日のトークショーでよくわかりました。
それにとっても細くて顔がちっちゃくて色が白くて、ファッションもカジュアルな感じだったのに女優オーラが出ていました。

今日のトークショーはもしかしたらスカパーで放送されるかもしれないので、そうしたらもう一度見てみたいなって思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック